常設用の15インチゲージ業務用ミニ鉄道システムです。乗降しやすく大人も楽に座れるゆったりした車両と、ハンディーキャップ対応、脱線や転覆の心配がない非常に安全な構造で、遊戯施設としての安全基準をすべてクリヤーしています。
機材は運行係員の疲労を軽減する工夫や、特別な保守機械がなくても容易にメンテナンスできる工夫がなされています。
5インチゲージと同様に遠地での宅配便メンテナンスが可能です。導入、運営コストが低廉で陳腐がありませんので、長期間主力施設としてご活用いただけます。

製品は軌道を固定した常設の遊戯施設として運営可能な機材と、標準工事のセットです。
セット内容は下記の通りです。
車両   先頭車両 1台、ステンレスコーチ 2台、パワーコーチ800 1台の4両編成 定員20〜23人
線路   100m分(種類はお選びいただけます)
備品類  バッテリー、充電器
工事は標準工事が付属します。標準工事とは軌きょう(レールと枕木を組み立ててはしご状にしたもの)をそのまま設置できて、レベル調整が不要な場所での工事です。設置場所にユニック横付けが条件になります。横持ちが発生する場合は別途になります。舗装路盤や凹凸が少ない地面であれば標準工事の範囲で収まります。お化粧は別としてこれだけで十分営業できます。
機械器具損料は含まれますが出張費は別途になります。
オプションは客車屋根の取り付け、太陽電池による運行、自動運転装置などがございます。

 

 

写真の施設は開業3ヶ月で10万人を超える利用があり、すでにイニシャルコストを回収しております。
このシステムはビルの屋上設置です。階下が会議場という環境のため、フランジきしみと継ぎ目音のないエンプラゴムコンポジットタイヤと制震車体、防音軌条を使用し、階下への漏音を遮断する工夫がしてあり、忍者列車とも言われます。編成重量2t、ゴムタイヤ仕様で半径5m、3%勾配、サウンドやスモークなどのギミック付きという悪条件でも、完全停止まで作動する回生回路など最新の制御技術で100Ahバッテリーで航続距離11km走行可能な省エネが自慢です。鉄車輪であれば航続15kmまで伸ばせます。

    

   

写真の施設は車輪は普通の鉄車輪を使用していますが、半径3mという非常識な急カーブに対応するため、連結装置や軌条のライニングなど特別な装備を採用しています。
乳幼児が利用する施設の中で、最後部車両でのワンマン運転に対応するため、軌道敷きにはエリアセンサーを初めとする保安設備、車両には前方監視モニターなどを装備して万全の安全対策を採っています。
新しいギミックとしてはトンネル内の音響、照明などがあります。

  

   JR東日本商品化許諾済

写真の施設は積雪地域のため、雪荷重と凍結深度を考慮した設計になっています。こちらも乗客監視と前方監視をワンマンで行うため、監視モニターなどの安全装備を取り付けてあります。地上側のメンテナンスを省くために、踏切や出発合図などの地上側電気設備を廃止して無線制御の車両取付にしております。バッテリー充電は車上子の上に停車すると自動的に通電して充電を開始し、満充電になると維持充電に切り替わります。車両がいない時は通電されない安全設計です。走行音や警笛や案内などは音声合成でスピーカより発音する様になっていますので、臨場感あふれる演出が可能です。

業務用基本セット