脱FRPを加速します

今まで、新幹線などの流線型カウルはFRPで製造していました。しかし廃棄処分が難しく、破砕して再利用されたものがマイクロプラスチックとして海洋汚染を巻き起こし、大きな社会問題になってきました。また、作業環境が劣悪で、零細工場では労働基準を満たすことが出来なくなってきました。当社では20年前から3Dプリンターを導入し、小型のディテール部品の製造を通して材料や加工ノウハウを蓄積してきました。このたび自社開発の超大型高速プリンターがようやく実用レベルに達したのと、耐候性、耐環境性樹脂の開発に成功したため、屋外で使用される大型製品の製造も順次切り替えることにしました。素材メーカーとの共同開発で耐候性に優れ、FRPに遜色ない耐久性と、何回でもリサイクル可能で、最終分解して土に返す事が出来る素材を使用します。15インチゲージのE7のカウルがデビュー作です。

京王あそびの森HUGHUGにミニトレインがオープン

多摩動物公園駅(京王電鉄、多摩都市モノレール)0分に、日本最大の屋内遊戯施設がオープンしました。その2階部分に15インチミニSLが誕生。全長は200m、橋やトンネル、各種のギミックを交えてとても楽しいアトラクションに仕上がっています。国内最大のネット遊具や、多摩産の木材を大量に使用したウッディーな雰囲気で、すでにママの口コミで大変な人気になっております。テーマパークの課題である混むのはうんざりとう問題に対して、最近増えている混まない定員制を採用しています。このエリヤはお隣の京王レールランド、多摩動物公園と合わせて、「キッズパークたまどう」として、雨でも遊べる1日遊べるをテーマにこれからもファミリー施設が続々開業予定。お子様連れで是非一度お立ち寄りください。

許諾製品をご使用のお客様に緊急告知です

新幹線等実物の許諾製品につきまして、塗色を変更した物がイベントや運転会等に使用されているという事で、証拠写真付きの事例がJR様からクレームとして当社に送られてまいりました。許諾製品につきましてはその製品個別に審査を受け許諾をいただいており、同じ形だからといってお客様がデザインや塗色を変更するのは一切禁止です。同じ形や塗装でも出力や仕様の異なる製品はすべてそれぞれ別の許諾です。キットや車体のみなどの派生商品も許されていません。改造や車体の載せ替えと言ったことも一切禁止です。許諾済シールを剥がすのも禁止です。汚れていたり剥がれている場合は自分で直さずご連絡ください。今回のケースはN700Aに関してですが、N700をN700Aに塗色変更するのは禁止です。写真判断で当社製品ではないとの確信を得ておりますが、当社製品ご使用のお客様はくれぐれもご注意いただきますようお願いいたします。許諾を得ていない製品の使用は処罰の対象になります。

大型ゲージの個人向け販売を開始

これまで遊園地などの業務用として細々OEM製造しておりました381mmまでの大型ゲージ製品を、自社ブランドで個人向けにコストダウンして販売を開始いたしました。自作用部品の供給が主ですが、完成品の販売も扱っております。完成品は版権等の関係でWEB上では写真を扱えませんので、ご興味のある方は都度お問い合わせ下さい。

モーターの改良

10年以上ご愛用いただきました12V100Wのモーターがリニューアルしました。保磁力が高く減磁しにくい新世代マグネットの採用で大幅に性能が向上しました。外形はほぼ同じで、マウントと軸は旧モーターと互換性があります。環境の悪い台車内装着に対応した全閉形。出力表記は曖昧なW表示を廃止し、実力を示す国際標準の回転数、トルク、時間表記に改めます。従来のW表示ですと連続定格125Wになります。出力は25%向上していますが効率が高いので消費電流は同じです。従来のコントローラーがそのままご使用いただけます。旧モーターとの交換は製品により一部アダプターが必要になりますが、無償で対応いたしますのでご安心下さい。ブラシ交換可能です。その他のモーターも順次改良を進めております。

入門セットを御注文のお客様へ

大変ご好評をいただいておりまして、大変申し訳ありませんが現在納期が45日ほどかかっております。
線路の製作上の都合で納品順序が前後することがございます。ご了承ください。
線路持ちよりの運転会で接続時の混乱を避けるために、レールジョイナーの取り付け方向をメーカー側で決めてほしいというご要望が多数あり、当社で慣例とし、右利きの人がビスを締めやすい「進行方向左前に取り付け」を規定にしたいと思います。方向が違う人は合わせていただけると運転会で相互乗り入れが容易になります。全部固定でお使いの方は出張時は左前を残して外してください。